■実践・指圧健康法
 現代はストレス過剰の時代と言われています。それは脳への加重な負担はもちろんの事、第2の脳(腹脳) と昔から呼ばれるところの腹部へも大きな負担を与えています。
試しにみなさん、自分のおなかに触れてみてください、大半の人が固いと感じるでしょう。東洋医学では、この腹部を柔らかくする事によって健康を取り戻すという思想が伝えられています。以下に簡単な図をのせておきますので、毎日このとおりに実践してみてください。最初は痛い部位があるかもしれませんが、すぐに慣れてきます。

▼注意点・・・仰向けで膝を曲げて、腹をゆるめた状態で行います。食後1〜2時間以内は避けたほうがよいでしょう。グリグリ揉んではいけません。あくまで手掌で圧迫するようにします。



ホームページにもどる